オーストラリアオルベリーの現地情報

前回に引き続き今回も、オーストラリアを特集する。以前、冒険や宝探しについての街を紹介したが、これらのものとどうしてもきってもきれないものが存在する。それは戦争である。オーストラリアと戦争の因果関係はほとんどないように思われているが、オーストラリアでも戦火があったのが事実である。そこで今回はニューサウスウェールズ州のオルベリーについて紹介する。この地域では、第一次世界大戦と第二次世界大戦の影響が色濃く残っている。市街地にある戦争博物館では当時の状況をこと細かに知ることができる。また市街地には、戦没者慰霊碑が建てられていて、当時の戦争のようすを垣間見ることができる。観光スポットまではいかないが、高さが30メートルもある豪華なコンクリート造りの戦没者慰霊碑は一見の価値がある。ここまで戦争関係の話をしてきたが、もちろん戦争以外の観光地も存在する。幻想的な空間に迷い込んだ気分になれるオルベリーボタニックガーデンは、是非一度訪れてみたい観光スポットだ。また、面白い観光スポットになっているのが意外にもオルベリー駅である。オーストラリア一長いと言われているプラットフォームは見る人を飽きさせない。予断だが、このプラットフォームは全長で2キロある。このようにどうしても戦争関連の資料に目を奪われがちだが、市内には多数の観光地も同居している。また、ボタニックガーデンやオルベリー駅に併設するレストランの味は絶品だ。ちょうどいい田舎を味わいたいと思ったとき、オルベリーへ出かけてみては!?

Written By
More from hokazono

オーストラリアニューセストンの現地情報

さて今回も、オーストラリ...
Read More