オーストラリアウォドンガの現地情報

さぁ今回も、オーストラリアを特集する。以前、戦争の影響が色濃く残る街を紹介したが、今回はそのニューサウスウェールズ州オルベリーと双子都市を形成しているビクトリア州のウォドンガについて紹介する。ウォドンガはマレー川を挟んでオルベリーの対岸に位置する街である。人口はオルベリーとほぼ同規模である。この地域もオルベリー同様、戦争の影響が色濃く残っている。市街地にはアーミーミュージアムバンジアナという軍事博物館が現在も残っている。こちらでは本物の戦車やバズーカなどを間近で見ることができ、人気の観光スポットだ。訪問する場合は軍内なので、くれぐれもパスポートを忘れないようにしよう。ただ、ウォドンガで残っている戦争に関する資料といえばこれぐらいで、どちらかといえば自然を中心とした観光地に目を惹かれがちである。市内に点在する多数の公園はもちろんのこと、豊かな自然を肌で感じ取ることができるレール・トレイルもオススメだ。の是非一度訪れてみたい観光スポットだ。また、チキーパークブルワリーではビールやワインの試飲を楽しむことができるのでお酒好きにはたまらない観光スポットだ。このようにどちらかというと、戦争関連よりも豊かな自然に惹きつけられがちだ。自然を満喫した後は、レストランでグルメを楽しもう。地中海料理が楽しめるラ・マイソンレストランやデザートの名店ビーンステーションカフェは要チェックだ。戦争ではなく自然を味わいたいと思ったとき、オルベリーの双子都市であるウォドンガへ出かけてみるといいかもしれない。

Written By
More from hokazono

地盤がしっかり!!「手仕事屋ちゃぶだい」

今回お邪魔したのは、福岡...
Read More