ニュージーランドワイカト州ナルアワヒアの現地情報

前回に続いて、今回もニュージーランドの都市について特集する。さて、夏といえばお祭りの季節だ。皆さんも、もしかしたら花火大会などの夏祭りに足を運んだことがあるかもしれない。福岡市で夏に行われる伝統的な祭りといえば博多祇園山笠である。追い山の迫力は凄まじく一見の価値はあるだろう。そこで、今回はレガッタというユニークな祭りが未だに残るワイカト州ナルアワヒアの現地情報について紹介していく。ナルアワヒアは、ハミルトンのすぐ北側に位置している。市内に目を向けてみると、マオリ関連の遺産が数多く残っているため、人々にとっては歴史的にも文化的にも重要な街である。市内には、マオリ王テ・アタイランギカアフの公邸が残り、こちらは見学することが可能だ。尚、マオリの伝統的集会所であるトゥランガワエワエ・マラエは前述のワイカト川で3月17日に一番近い土曜日に行われる伝統的な戦闘用カヌーによるレガッタの祭りの時だけしか公開されない。このお祭りはナルアワヒアがワイカト川とワイパ川が合流地点に位置する重要な水路だったことを記念して行われる。ちなみにこの水路は欧州からきた移民たちも物資の輸送に利用した。また、マオリの人々の聖地ともいわれているタウピリ山も是非一度訪れておきたい。こちらでは、ワイカト地方最大級のマオリ墓地を見ることができる。またワイカト地方一帯を見渡すこともできる。マオリ文化の真髄を探るためにナルアワヒアを是非訪れてみよう。

Written By
More from hokazono Read More