ニュージーランドタラナキ地方エルサムの現地情報

前回に続いて、今回もニュージーランドの都市について特集する。唐突だが、皆さんはかわいい街と聞いたときにどのようなイメージを意識するだろうか?まるでメルヘンランドに迷い込んだような街をイメージする人もいれば、厳格な中にも優しさを兼ね備えている欧州庭園がたくさんある街並みをイメージする人もいるだろう。前者は、愛知県のレゴランドや大分県のハーモニーランドなど遊園地に行けば出会える光景であるが、後者はなかなか出会えない。敢えて日本で例を出すとすると、北海道小樽市、岡山県瀬戸内市、大分県豊後高田市などがかろうじて該当するかもしれない。このようにほとんど日本では出会えない場所だが、ニュージーランドタラナキ地方では出会える場所が存在する。そこで今回はエルサムの現地情報について紹介していく。エルサムはビクトリア調のかわいらしい街並みが楽しめる、チーズが名産の街である。かなりの田舎町だが、ニュージーランドの酪農国としての成功に深く関わっている。1884年に中国人ビジネスマンのチュウ・チョン氏がエルサムからイギリスへ全国初のバター輸出を行い、1887年に全国初の酪農工場も建設、歴史上ではニュージーランドで最も工業化の進んだ町となった。そこで今日ではチーズが特産物となっている。お土産に是非とも購入したい逸品だ。またエルサムでは、ビクトリア朝やエドワード朝様式の魅力的な街並みを楽しむことができる。もし時間があれば天然水の泉を水源とする美しいロトカレ湖畔もぜひ歩いてみよう。かわいい街で癒されたいと思ったらエルサムをぜひ訪れてみよう。精神的にも肉体的にもゆっくりできるはずだ。

Written By
More from hokazono Read More