ニュージーランドイーストランド地方イースト・ケープとテ・アラロアの現地情報

前回に続いて、今回もニュージーランドの都市について特集する。人間は時として最古のものに憧れる傾向がある。最近、淡路島より最古の銅鐸が発見されたが、やはりこのような記事をみると、ロマンを感じるものである。そこで今回はあなたを最古の時代に誘ってくれること間違いなしのイーストランド地方イースト・ケープとテ・アラロアの現地情報について紹介していく。小さな沿岸の村テ・アラロアには、ニュージーランドで最大かつ最古のポフツカワの木「テ・ワハ・オ・レレコフ」がある。樹齢600年といわれ、地元の学校の敷地内に悠然と立っている。テ・アラロアは、先住民マオリの精神的、文化的、経済的な生活の向上に人生を捧げたアピラナ・ナタ卿の生誕地としても有名である。 テ・アラロアから22km、ほとんど舗装されていない行き止まりの道を行くと、ニュージーランド本土の最東端、イースト・ケープに辿り着く。海抜154mに立つ歴史的なイースト・ケープ灯台まで700段もの階段を登りきれば、素晴らしい景色に出会うことができる。灯台への道は海岸線に沿っているので、数多くの砂浜がわずか数メートル目前に広がっている。ブッシュウォークのついでにハウパラ・ポイント付近で釣り糸を垂らしてみるといいだろう。またテ・アラロアでは野豚や鹿を狙うハンティング、フィッシングやマオリの歴史に触れるツアーも手配が可能だ。イーストランド地方をイースト・ケープとテ・アラロアをぜひ訪れてみよう。絶景に出会うことができるだろう。

Written By
More from hokazono Read More